ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置
  • HOME>
  • ブログ記事の依頼? 私でいいんですか?

ブログ記事の依頼? 私でいいんですか?

[2012年5月15日 12:24]

空に瞬く昴の星に...止まった刻は動き出す...
享楽の舞...影達の宴...異国の詠...
贖罪の...迎え火は...天を照らし...
ハァ...獅子の咆哮はあまねく響く......おや?


みなさん初めまして、プランナーの伊藤です。今日も良い電波ですね。
開発者コメントということで、今回初めてお外に出ることになりました。


とりあえず簡単な自己紹介。

  「異聞録」「罪」「罰」をこよなく愛すあまり、
  気付いたら開発に紛れ込んでいた元デバッガー。
  最近誤って消してしまったPSP用「ペルソナ2 罪」のデータの事で
  悩んでいる。牡牛座のAB型。

こんな感じでしょうか。うん、さっぱりだ。

=====  今作での仕事  =====

今作では巷で噂の「追加シナリオ」を担当させていただきました。
あとは雑用と雑用と...雑用ですね、職業欄に書けそう。

その中で苦戦した事は
  ・如何にオリジナルを生かした魅力的な要素にするか
  ・里見さんの書かれたシナリオを、ゲーム内でしっかりと表現できるか
でした。
こよなく愛すと言っても「プレイする」のと「作る」のは全く別。
過去の記憶を思い起こしたり、オリジナルを何度もプレイしてみたり...

シナリオ内容を確認していると、なんと「あんなキャラ」や「こんな
キャラ」が...

  「ヤバい... 変なもの作ったらファンの方が
   JOKER呪いで伊藤の名前を...
   あ、でもスマホって携帯電話に入るのかな...?
   入んないよね、よし大丈夫だ」

というプレッシャー&自問自答。
自宅に帰ってもネタを考え、自身を追い詰めた結果、狂人口調の悪魔に現実逃避する事数回。
「うぉ、うぉまえっ! 右に3度7分傾いてるぞっ!」
と、色々ありました... ええ、ありましたとも...

追加シナリオの内容に関して、まだお話しする事はできませんが
伊藤がシリーズ好きということもあり「ファンの方にも嬉しいネタ」を一つ仕込ませていただきました。

  「おお!?」「マジで!?」「ちょ...!」「ここで来たか!」
  「テンション上がる!」「キタ---(゜∀゜)---!!」「鳥肌たった」

↑な反応があれば...伊藤は泣いて喜びます(共犯者のKさん、本当に感謝です!!)


=====  12年...  =====

オリジナル版をプレイされた方も、今は大人になっているかと思います。
この12年で社会という何かにもまれ、様々な経験をされた方もいらっしゃるかと思います。

伊藤は今回開発に参加し、当時気にしなかったセリフも
「こういうことだったのか」「深いなぁ...」と感じることが多かったです(改めて色々考える事もありました)。

当時プレイされた方には、年月が経っても全く色褪せない「ペルソナ2 罰」を
現在の視点でプレイして、色々と感じていただきたいと思います。

また、プレイされたことのない方や「ハイカラじゃない」という方もいらっしゃると思いますが、
シナリオ、登場キャラ(&設定)など何から何まで完成された作品ですので、
是非この機にプレイしていただければと思います。


=====  さ・て・と  =====

何か真面目な文章になってしまいましたね。元に戻しましょう。


パーティキャラが大人ということもあり、少し異色な感じがする「ペルソナ2 罰」。
しかしですね...、そこがいいんですよ。特に克哉、パオフゥの二人。ここ重要。
「真面目な克兄の裏側」「パオのやさぐれっぷり」に思わずニヤニヤできます。

施設などではキャラの意外な一面が垣間見えることがありますので、
小まめに話しかける事をオススメします。
個人的にはパオが真のヒロ...おや、こんな時間に誰だろう?



はい。ギターを持ったJOKER様が降臨しそうなので、ここまで。
読んでくれた方、本当にありがとうございます。

そしてブログコメント書いていたら、パオと同い年になってしまいました。
昔はみんな年上だったのにねー
当時「パオのような大人になりたい!」なんて考えていましたが、
結局そうはなれませんでしたね...(当然ですが)。

それでは機会があればまたお会いしましょう(´∀`)





あ、





杏奈は私の嫁です。渡しません。

普段は真面目な(本当ですよ?)伊藤でした。
「ペルソナ2 罰」をお楽しみに!

PAGETOP